インプラントと金属

インプラントのアレルギー

トップ / インプラントのアレルギー

インプラントとアレルギーの関係

インプラント本体にはチタンが使用されているため金属を含みますが、実際に金属アレルギーの患者でも施術を受けることができます。そもそも全ての金属が症状を引き起こすわけではなく、ニッケルやクロム、銀、パラジウムなどが発症しやすいと言われています。しかしインプラントで使用される金属は純度99.9%以上のチタンであり、それらは空気に触れると表面に酸化チタンの膜ができるため金属イオンが溶出しません。つまり治療を受けても金属アレルギーが発症することは極めて少ないといえます。心配な場合は事前に皮膚科などでチタンの検査を受診すると安心です。

チタンアレルギーについて

インプラントとは、歯茎に人工歯根を埋め込み人工の歯冠を被せるという治療法です。この治療の多くは、金属アレルギーをおこしづらいと言われているチタンが用いられます。希にチタンに対してもアレルギーがある方もいらっしゃいますが、そのような方には強化セラミックのインプラントの利用がお勧めです。金属ではありませんから、拒否反応をおこす心配はありません。もし、治療の際にこのような拒否反応が心配な場合には、事前に皮膚科にてチェックテストを受けられることをお勧めします。治療費も高くかかりますから、なるべくリスクのないように準備が必要です。

インプラントメーカー情報