インプラントの種類

インプラントのおすすめ

トップ / インプラントのおすすめ

オールセラミックでインプラント

インプラント治療では、通常チタン製の人工歯根を歯茎に埋め込み、人工歯冠を被せます。この二つの部分を連結するのにアバットメントが使われますが、これもチタン製がほとんどです。歯科の治療においてチタンが使われるのは、人体との親和性が高く金属アレルギーを起こしにくいといわれているためです。しかし、中にはチタンでさえ金属アレルギーを起こしてしまう方もいらっしゃいます。そのような方には、オールセラミックのインプラントをお勧めです。オールセラミックは金属ではなく、強化セラミックでできていますからアレルギーを起こすことはありません。

オールセラミックのきれいな歯

きれいな白い歯を入れたい、そんなときにはセラミックのインプラント歯をお勧めします。セラミックの透明感ときれいな表面性状はまるで本物の歯のような質感で、芸能人の歯のような白い輝く歯にすることが可能です。セラミックの歯は、金属の内冠にセラミックを焼き付けているいわゆるメタルボンドと、オールセラミックの2種類に分類できます。それぞれ、見た目が要求される部分、強度でが要求される部位などで使い分けをしますが、自分の歯を支台歯にする場合でも、歯を失って人口歯にかぶせるの場合にもセラミックで修復することが可能です。自分の歯を修復する場合はもちろんですが、インプラントの場合でも、まるで自分の歯のようなきれいな白い歯にすることができます。

インプラントメーカー情報