インプラントの連結部

インプラントの構造体

トップ / インプラントの構造体

インプラントとアバットメント

インプラント治療は、3つの構造体を利用して、自然に生えている歯と同じ様な機能を取り戻せる治療方法です。人工歯根になるのがフィクスチャーと呼ばれるパーツで、フィクスチャーの上に装着をして人工歯を取り付けるパーツをアバットメントと言います。何れも治療には重要なパーツであるのですが、インプラント治療には、1回法と呼ばれる方法と2回法と呼ばれる方法があります。1回法では、フィクスチャーとアバットメントを同時に装着をしますが、2回法では最初にフィクスチャーだけを埋め込み、骨とフィクスチャーが結合した後に、残りの構造体を装着すると言う違いがあります。

アバットメントについて

インプラントは、欠損した歯の代わりに歯茎に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯冠を被せる治療法ですが、この二つの部分をつなぎ連結する役目をするのがアバットメントです。治療では、この3つの部分で1つのセットになっています。通常、人工歯根とアバットメントはチタン製の物がほとんどです。それはチタンが骨との親和性に優れていて金属アレルギーをおこしづらい物質だからです。もしチタンアレルギーをお持ちの方は、強化セラミックでのインプラント治療も可能なので、医師に相談すると良いでしょう。また、アレルギーが心配な方は、皮膚科でのアレルギーテストをお勧めします。

インプラントメーカー情報