新しいインプラント

負担の少ないインプラント

トップ / 負担の少ないインプラント

骨を削らないインプラント治療

失った歯を補う治療法のひとつにインプラントがあります。これまでは、土台となる金属を顎の骨に埋め込む手術の際に、骨をドリルで削る方法が一般的で、状態によっては手術が出来なかったり、事前に他の部位(顎の先や腰)から採ってきた骨を移植していました。これらの問題点を解消し、患者さんの負担を少なく安心・安全に治療を受けてもらえる方法があります。これは土台となる金属を埋める位置に小さな穴を開け、骨を内から外に向けて圧力をかけて広げる方法で、骨を削らないため出血や身体への負担が少ないなどのメリットがあります。

インプラントと入れ歯

インプラントはよく「入れ歯」と比較されます。入れ歯の場合、固定されていないので、食事をしたときに口の中でグラグラします。しかし、インプラントの場合は、歯が抜けた部分にネジを埋め込んで、そこに装着するので、しっかり食べ物を噛むことができます。見た目も、普通の歯とほとんど区別がつきません。良いことづくめですが、骨に埋め込むという大がかりな手術なので、上手な歯科医院をお選びになることが大切です。失敗すると大きな健康被害につながります。十分な設備の整った大きな歯科医院で手術をされることをおすすめします。

インプラントメーカー情報